株式会社 山治紙業

お役立ち情報campaign

banner

集団資源回収とは

自治会や町内会、PTA、子ども会、老人クラブなどの地域住民の方々で構成される公共的な団体(回収団体)と
山治紙業が協力して行う資源物の回収です。

集団資源回収には様々なメリットがあります。

  • 回収された資源物は様々な形で再利用されます。
  • ごみの減量化につながります。
  • 資源物の売上は回収団体の活動資金になります。
  • 地域のコミュニティが深まります。
  • リサイクル意識が高まります。

回収できる品目

  • 古紙(段ボール・新聞・雑誌・牛乳パック)
  • 古着
  • 使用済みペットボトル
  • 使用済みアルミ缶・スチール缶

回収までの流れ

回収までの流れ

詳細に付きましてはお気軽にお問い合わせ下さい

電話でのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
banner

機密文書処分について

機密文書とは、「企業に関する極めて重要で秘密保持が必要な文書」であり、第三者の目に触れてはいけないすべての文書と言えます。

独自技術・経営情報・顧客情報等の「自社の企業秘密」不正競争防止法の定める秘密管理性・有用性・非公知性のある「営業秘密」が記載された紙媒体がそれに当たります。

具体的には
・経営計画情報
・目標情報
・顧客個人情報
・仕入価格や仕入先情報
・研究情報
・社内システム情報(IDやパスワード)
・セキュリティ情報
・従業員個人情報
などがあります。



また、機密文書には自社の文書だけでなく、取引先から受け取る機密文書もあります。
・契約書
・製品管理マニュアル
・検査などの手順書
・共同研究開発情報
などです。

これらの機密情報が記載された紙媒体が外部に漏洩すると
・競合他社に対する自社の技術的・営業マーケティング的優位性が失われる
だけではなく
・信用の失墜
・多額の賠償金
など、大きな社会的責任を背負うことになります。

この様に多岐にわたる機密文書の処分には物理的な破壊をする必要があり
社内でシュレッダー処理をするのは時間も手間もかかります。

山治紙業では機密文書を詰めた箱を未開封のまま破砕処理や溶解処理を行うことにより
セキュリティ面やコスト面においてもご安心いただけるサービスを提供しております。

詳細につきましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

詳細に付きましてはお気軽にお問い合わせ下さい

電話でのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
banner

捨てればゴミ、分ければ資源。

山治紙業では様々な資源物の買取をしています。
処理費をかけて処分している廃棄物の中にも買取可能な資源物があります。
・国内外の大手資源物利用事業者との直接取引
・物流網の効率化
など、中間コストの削減や業務の高効率化により好条件での買取の提示が可能です。

買取可能品目(一例)

回収までの流れ

回収までの流れ